ニキビができる原因は、以下の通りでしょう。 ・食生活の乱れ ・生活習慣の乱れ ・誤った洗顔方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう) ・スキンケア不足 食生活が乱れてしまうと、それが肌に現われるので、注意してください。 特に、肉やお菓子といった皮脂の分泌を促進させる食べ物ばかり食べていると、ニキビが出来やすくなります。 ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を過度に受けたり、睡眠時間が不十分だと皮脂の分泌が多くなってしまって吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)が出来ますので、生活習慣には十分には気をつけましょう。 洗顔はにきび予防に重要な役割をするのですが、誤った方法で行うと逆にニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)を作る原因になります。 洗顔する時は、優しく丁寧に行うようにして下さい。 また、刺激の強い洗顔料を避けてたり、すすぎを十分に行うのも大切です。 それに、洗顔後のスキンケアを怠ってしまうと肌の乾燥を招き、ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)ができやすい環境を作ってしまいます。 面皰ができる原因はこういった事で、意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)すれば自分で予防出来るものばかりです。 自分に思いあたる原因を探して、それに応じた対処方法を行いましょうー